ニュース



    (出典 c1.staticflickr.com)



    1 かばほ~るφ ★ :2017/10/24(火) 19:52:09.51

    線香の火が燃え移ったか、歩行器使用の男性死亡


    23日午後6時前、静岡県浜松市の農業・加藤勝之さん(73)から
    「お父さんが黒こげになっている」と警察に通報がありました。

    警察が駆けつけたところ、木造2階建て住宅の1階にある和室の床2平方メートルほどが焼けていて、
    無職で父親の徳次さん(99)が遺体で見つかりました。

    徳次さんは仏壇の前で倒れていたことなどから、警察は、徳次さんが仏壇に
    線香をあげようとした際に何らかの形で火が燃え移ったとみて、出火原因を調べています。

    徳次さんは自宅内では歩行器を使って生活していて、毎日、線香をあげるのが日課でした。

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3193275.html


    【「お父さんが黒こげになっている」と警察に通報!線香の火が燃え移ったか・・・】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/24(火) 17:38:01.15

    24日午後3時、マリアナ諸島で台風22号「サオラー」が発生しました。 今後は発達しながら北上する見込みです。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    台風22号の現況と今後の見通し

    24日午後3時、マリアナ諸島で台風22号「サオラー」が発生しました。
    中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に30キロの速さで西北西へ進んでいます。
    今後は発達しながら北上し、26日には日本の南へ進む見込みです。最新の台風情報にご注意ください。


    台風の名前は「サオラー」

    「サオラー」はベトナムが用意した名前で、「ベトナムレイヨウ(ウシ科の動物)」の意味です。
    台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13793568/
    2017年10月24日 16時17分 tenki.jp
    .


    【【気象】台風22号「サオラー」発生!!!本州へ近づくとの予想!!!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/24(火) 17:13:56.98

    「猫は死にそうになると姿を消す」という話をはじめ、猫にまつわる通説は数知れない。
    だが実は科学的に立証されているものは少なく、今回紹介する6つの説の中でも証明されているのはニャンと1説だけ。
    20年前から東京大学などで猫の研究を行う猫研究者の齋藤慈子さんは言う。

    「犬に比べて、猫の実験は本当に大変。それが論文の少ない大きな理由でしょう。
    例えば私は1つの実験につき30匹程度の猫を対象にしますが、全然ノッてくれない猫もいます。
    まず私が部屋に入ると多くの猫はサッと隠れます。実験の準備をしながら1~2時間待ちますが、結局出てくれないこともザラですから(笑い)」

    それだけではニャい。猫の心理を究めても、それ1本で食べていくのが難しい。そんな現実も、研究者を悩ませるのだ。

    「私自身、今は人間の発達心理学が専門ですが、猫をメーンに研究していたら続いていなかったと思います(笑い)。
    『猫は飼い主の声を聴き分けられた』という論文を発表したときも、猫を飼っている人から『そんなわかりきったことを研究する必要はない』と批判もありました。

    ただ、データとして証明しないと科学の世界では『猫はバカ』と思われたまま。
    それって悔しくないですか? 当然とされていることでも地道にデータを採ることが必要だと思っています」(齋藤さん、以下同)

    では、猫にまつわる通説の真偽を見ていこう。

    ◆猫は、人間の2才児くらいの知能を持つ?

    よく聞かれるこの話。齋藤さんは否定的だ。

    「例えば人の2才児は鏡に映る自分を自分と認識できますが、猫は不可能。
    一方、猫は聴こえる音の高さが人の4倍あるといわれ、約80Khzもの超高音を聞き取り音源の方向を特定する能力もある。単純に人間と猫は比較できません」

    ◆猫は、飼い主の声を聞き分けられるが、その声を聞いてもしっぽは振らない

    2013年、齋藤さん率いる研究チームが一般家庭で飼育されている20匹の猫を対象に実験した結果、猫は飼い主の声を聞き分けられることがわかった。

    「飼い主が猫の名前を呼ぶ声と、猫と面識のない、飼い主と同性の4人が猫の名前を呼ぶ声、計5人の声をあらかじめ録音。
    そして、飼い主不在の部屋にいる猫に、スピーカーから、他人3人→飼い主→他人の順番で音声を流し、猫の様子を分析しました。
    すると、多くの猫が最初の他人の呼び声に対して頭や耳を動*反応を大きく示したのち反応を弱めたのですが、飼い主の声が聞こえると、この反応が大きく戻ったのです」

    ただ、飼い主の声でもほとんどの猫が「鳴く」「しっぽを振る」行為はしなかったそう。やはり、猫はツレないニャア。

    ◆死にそうになると忽然と姿を消してしまう?

    それを経験した人が多いことから、経験則として広まっているだけで、証明されているわけではないと言う。

    「仮説としては、野生動物は体調が悪くなると人から見えない場所に隠れる傾向があるからでは?といわれています」


    ※女性セブン2017年11月2日号

    http://news.livedoor.com/topics/detail/13788779/
    2017年10月23日 16時0分


    (出典 www.necoichi.co.jp)


    【「猫は死にそうになると姿を消す」は本当?(泣ける画像あり)】の続きを読む



    (出典 www.moriya-kobe.co.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2017/10/23(月) 14:15:17.62

    「神戸牛フィレ」は「但馬牛フィレ」だった…JA全農兵庫直営の高級店で食材偽装、差額総額1千万円
    2017.10.23 13:50
    http://www.sankei.com/west/news/171023/wst1710230092-n1.html

     全国農業協同組合連合会兵庫県本部(JA全農兵庫)は23日、直営の高級レストラン「神戸プレジール」本店(神戸市中央区)で、「神戸牛フィレ肉」と偽装して但馬牛フィレ肉を提供していたと明らかにした。昨年4月以降、推計で3200食を提供しており、正規価格との差額は総額で約1千万円に上るという。
     JA全農兵庫によると、本店で提供していた神戸牛フィレ肉(単品8千円)について、「但馬牛フィレ肉(同5500円)を神戸牛に偽装して提供している」と今月16日、内部告発があった。
     40代の男性料理長は聞き取りに対し、「神戸牛が恒常的に不足する中、注文に応じようと但馬牛を提供してしまった」と事実関係を認めた。また、伝票を調べた結果、仕入れ量と販売量にかなりの差異があることも判明したという。
     JA全農兵庫は本店を当面の間休業し、提供客には代金を返金する方針。系列の銀座店(東京)では同様の行為は確認されなかったが、再点検のため休店するという。
     会見した曽輪佳彦・県本部長は「生産者らを守る立場にあるにもかかわらず、ブランドを傷つけてしまった」と謝罪した。


    【「神戸牛フィレ」は「但馬牛フィレ」だった…JA全農兵庫直営の高級店で食材偽装、差額総額1千万円 】の続きを読む



    (出典 get.pxhere.com)



    1 みつを ★ :2017/10/19(木) 13:54:14.81 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171019/k10011182341000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012
    (リンク先に動画ニュースあり)

    10月19日 12時25分

    18日夜、岡山県津山市の中国自動車道で、軽乗用車を運転し路肩に避難していた親子2人が、後続の大型トレーラーにはねられ死亡しました。警察は、親子の車が路上に落ちていたタイヤに乗り上げ、さらに大型トレーラーも乗り上げて横転したと見て、タイヤが落ちていた経緯を詳しく調べています。
    18日夜、岡山県津山市の中国自動車道の上り線で、軽乗用車を運転し路肩に避難していた親子2人が大型トレーラーにはねられました。

    2人は、広島市安芸区の歯科技工士、中村美香さん(49)と、長女で岡山市北区の大学生、亜美さん(21)で、その後死亡が確認されました。

    警察によりますと、事故の直前に女性の声で、「タイヤを踏みつけて事故を起こし、路肩に避難した」と通報があったということで、警察は中村さん親子の軽乗用車が路上に落ちていたタイヤに乗り上げたあと、後続の大型トレーラーも同じタイヤに乗り上げて横転し、路肩にいた親子をはねたと見ています。

    2台の車が乗り上げたタイヤは、トラックなど大型の車両に使われるものと見られるということです。

    警察は事故が起きる前の時間帯に走行していた車の通行記録を調べるなどしてタイヤが落ちていた経緯を詳しく調べています。


    【【岡山】中国道で親子2人はねられ死亡 タイヤ落ちていた経緯調べる】の続きを読む

    このページのトップヘ