芸能



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/11/26(月)02:02:59 ID:a2U

    パンクブーブー
    銀シャリ
    とろサーモン

    この辺


    【【疑問】 M-1で優勝してもあんまり売れない芸人には何が欠けているのか?】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/22(日) 20:00:01.47 ID:CAP_USER9.net

    すっかり女性の敵として認知されてしまったようだ。

    18日に放送されたバラエティ番組「良かれと思って!」(フジテレビ系)で、いしだ壱成が8月に2度目の離婚をしていたことを明かしたが、その離婚理由に世の女性たちが不快感を露わにしている。

    いしだは14年に一般女性と結婚するも、毎日細かいルーティンワークを奥さんに強要していたことが離婚の一番の原因と説明。
    その詳細は、毎朝自分が起床する時に1杯の白湯を用意させ、シャワー中にはバスタオルと洋服を用意させ、朝食ではサラダを食べるため7種類のドレッシングを用意させるというもの。
    さらに仕事から帰った時にも特殊なルールが存在し、帰宅と同時に45度のお風呂を準備させ、いしだが入浴している間に、妻は洋服を洗濯機に入れ、
    カバンからその日の領収書を出し、清算するという作業を終えておかなければならない。
    なんとも一方的でハードな内容だ。

    しかし、このルーティンに少しでも抜けがあろうものなら、いしだは「ふざけんなオラッ!!」と激怒していたとのこと。
    その結果、妻は逃げるように別居状態に発展したという。

    これについて番組MCの劇団ひとりが「自分でやったらいいじゃないですか」と当たり前のツッコミを入れると、いしだは「でも、やってもらうのが快感というか…」と理不尽な釈明。 
    この言い分に、共演していた女優の加賀まりこは「雇ってる人じゃないよね? 
    即離婚だね、私(だったら)」と猛非難。モデルのみちょぱにも「めんどくさ」と呆れられていた。

    当然、世の女性たちからも「自分でやれよ」「言い分が気持ち悪くてよけいに腹が立った」「結婚不適合者とはこういうヤツのことを言う」「まだお父さんの方がマシ」とフルボッコにされている。

    「元奥さんはこのいしだのルーティンを2年間も守り続けてきたようですが、よくぞ耐えたというのが世間の受け止め方でしょう。
    普通、バツイチになったら自分のダメな部分を見つめ直すものですが、この調子だと今後もルーティンを少し緩くするぐらいで同じ過ちを繰り返しそう。
    こうなったらきちんとお金を払って、お手伝いさんを雇った方がいいのでは」(エンタメ誌ライター)

    いしだは番組で前髪が後退してきたことをイジられていたが、ここまで女をバカにしているヤカラにならば、豊田真由子氏のあのセリフを浴びせたくもなろうというものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1368070/
    2017.10.22 18:15 アサジョ


    【女の敵!いしだ壱成が元妻に強要した「特殊ルール」にバッシングの嵐 】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/22(日) 17:05:43.55 ID:CAP_USER9.net

    事前の謝罪が、逆に火に油を注いだようだ。

    “炎上系”バイオリニストの高嶋ちさ子が、18日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演。
    高嶋といえば、息子のゲーム機をバキバキに折った事件をはじめ、その言動からかなり気性の荒い女性であることで知られているが、
    今回の番組でも「強い女の真実を直撃SP」と題して、高嶋の本性を深堀り。
    安定の毒舌を吐きまくった。

    中でも物議を醸したのが、高嶋がプロデュースするコンサートのリハーサルにカメラが密着したVTR映像。
    若手の美人奏者たちに向かって高嶋は「幽霊っぽいね、弾いている人のせいかな」「緊張感が足りないね」「遅いんだよ。何度もやらせんなボケ」などと、
    あの豊田真由子氏を彷彿とさせるような暴言を吐いてみせ、共演者たちを驚かせた。

    ただ、あまりの衝撃映像だったためか、さすがの高嶋も「めちゃくちゃ反省しました。言葉遣いですね。
    私の問題点」と反省。さらに番組放送日の自身のツイッターで「こんなこと言うと余計みんな見ると思うけど、今夜のテレビ見ないで欲しいなあ。
    収録でだいぶはじけてしまったから…反省してるから、もし見ても怒らないでね。ホントに反省してるから。
    前もってごめんなさい」と、あらかじめ視聴者にお断りをしている。

    しかし、それもあまり通用しなかったようだ。ネット民も「やっぱ、この人はダメだ」「一生暴力的なキャラのままだと思う」「強い女の真実って、ただ暴力的なだけでした」
    「裏側はやっぱりさらに強烈でしたね」と、高嶋の粗暴な性格に改めてウンザリしたようだ。

    「バラエティ番組での強烈な発言が注目される高嶋ですが、それもバラエティ用に抑えていたことが今回わかりました。
    コンサートのリハーサルにカメラが潜入して収めた素の高嶋は、これまでをはるかに超える暴虐ぶり。
    それで本人も焦ってしまったようですね。よく嫌われキャラの裏側はいい人だったというオチはありますが、
    高嶋の場合は裏側がさらにヤバい人だったというわけですから」(エンタメ誌ライター)

    ゲームバキバキ事件を起こした後には、かなり落ち込み、息子たちに慰められていたという高嶋だが、
    今回の放送を見る限り、本当に反省していたのか疑問視されるところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1367963/
    2017.10.22 10:15 アサジョ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【女ヒノテル?高嶋ちさ子の「奏者いじめ」が豊田真由子レベルに酷かった!!!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/24(火) 15:39:41.55 ID:CAP_USER9.net

    俳優の生田斗真と広瀬すずが24日、映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)公開直前イベントで、東京・原宿の竹下通りに登場した。

    同作は1996年から2003年まで、『別冊マーガレット』(集英社)で連載していた、河原和音原作の人気コミック『先生!』の実写化。
    生田演じる世界史教師・伊藤貢作と、広瀬演じる女子高生・島田響の純愛を描く。
    『僕等がいた』『ホットロード』『青空エール』などを手がける三木孝浩監督がメガホンをとる。

    和装姿の2人はサプライズ登場すると、多くの人に囲まれながらも、竹下通りを堪能した。
    久しぶりにきたという生田は「若者たちがたくさんいて、カラフルなわたあめとか持ってたりして、僕が学生時代とはまた景色が変わったな」と感慨深い様子。

    一方、広瀬は「今年の頭に1回友達と行ったんですよ」と明*。
    「普通に買い物したり遊んだりしてたので、こういった和服で歩くのは、不思議な感じがしました」と振り返った。
    互いの衣装について聞かれると、生田は広瀬について「本当に、超絶可愛いですね。それだけです」と絶賛。
    広瀬も生田を「超越かっこいいです」と褒め合った。

    東郷神社で祈願も行われたが、生田は「みんな 健康。」と自分の願いを見せ、「やっぱり恋をするのも仕事するのも健康であるのが一番かなと思いますので」と説明した。
    「みんな」の文字が小さいことを指摘されると「後から付け足しました」と苦笑した。

    広瀬は「素敵な恋が出来ますように」と願う。「プロモーション活動の中で、映画を見て恋がしたくなるというか。
    恋っていいなと思えるような気持ちになったので、この映画にちなんでこの願い事にしてみました」と理由を明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13793176/
    2017年10月24日 14時26分 マイナビニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 cdn2.natalie.mu)


    (出典 cdn2.natalie.mu)


    (出典 cdn2.natalie.mu)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    (出典 daily.c.yimg.jp)


    (出典 cdn2.natalie.mu)


    【生田斗真&広瀬すず、「超絶かわいい」和装で竹下通りにサプライズ登場!!!】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    【元ジャニーズ、黒木メイサの夫である赤西仁が今もこんな大きい会場でライブやってるって知ってる? 】の続きを読む

    このページのトップヘ