《ニュース》 まとめの里

その日に起きたニュースと皆様の意見をできるだけ見やすくまとめました。

    アニメ・漫画


    花輪くんは超クズ男!? ちびまる子「キャラ変」の歴史
    日刊大衆

     1990年から放送が開始された国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。長期にわたる放送の間に、“性格が変わった”と話題になったキャラクターがいる。

     性格が変わったキャラの筆頭といえば、お金持ちでキザな花輪くん。現在は優しくてジェントルマンなイメージがあるが、初登場回「生き物係のキザ野郎参上の巻」では、ウザさと情けなさを存分に発揮。まる子とともに生き物係に選ばれた花輪くんは、教室で飼う生き物を捕まえに行くことに。まる子へ下校時に「僕に惚れちゃいけないよ」、集合時には「君のほうが早く来てくれるなんて意外だったよ」「もしかしたら君のほうも楽しみにしてたんじゃないのかい?」といったセリフを吐き、まる子からは「こいつ小学3年生なのにどうしてこうなんだろう……」と心の中でツッコまれてしまう。

     川で魚を捕ろうとして逃げられてしまった花輪くんは、「ほら見ろ! 逃げられちゃったじゃないか!」とまる子に八つ当たり。茂みが揺れると、怖がって「君が見たまえ!」とまる子に指示を出し、カエルだったことが分かると「よーし、あのカエルを僕がつかまえてみせよう。フフフフ」と一気に自信満々に。そんな花輪くんは、ナレーションで「彼は、出しゃばり、小心者、まぬけ、分からず屋とどうしようもない性格の持ち主であることが分かる」と“公式クズ認定”されてしまっている。

    『ちびまる子ちゃん』の登場人物に関しては、「一番のクズキャラは誰か」といった議論がネットでもたびたび起こるが、常に人気が高いのが父のヒロシ。酒とタバコが大好きでグータラな性格。基本的にいつも家にいて、まる子が何かミスをするたびにひょこっと現れてはイヤミなセリフを吐いて去っていくというキャラだ。だが、最近は何かと“いいお父さん”的なエピソードも目立つ。母親がいない休日に自分の予定をキャンセルし、風邪をひいたまる子を見守る回もあり、昔からのファンを少しガッカリさせている。

     スポーツ万能で爽やかなイメージの大野&杉山コンビは、クラスメイトのはまじたちの仇を討つため、隣町の暴れん坊グループをボコボコにしたことがある。動機は立派だが、「今からてめえら皆殺しにするぜ」「それ以上近づいたら、こいつの腕折れるぜ」と過激なセリフを連発。帰りには「つまんねえケンカだったぜ」と余裕の発言。今よりもずっと凶暴なキャラとして描かれていた。

     そもそも主人公である、まる子自体が「最近はかわいくなりすぎ」と見る人も。マヌケでズル賢いまる子も、国民的キャラとして多くの視聴者に愛されるうちに、どんどんかわいくなってしまったようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【花輪くんは超クズ男!? ちびまる子「キャラ変」の歴史wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2017/10/23(月) 00:38:15.166

    ※TVアニメ736話現在

    毛利小五郎: 178
    鈴木園子: 21
    山村ミサオ : 4
    服部平次: 1
    塩田平八郎: 1


    【小五郎のおっちゃんが麻酔銃で撃たれた数wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


       

    1 イセモル ★ :2017/10/03(火) 09:17:25.93 ID:CAP_USER9.net

    【おそ松さん/モデルプレス=10月3日】10月6日発売の雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号の表紙に、テレビアニメ『おそ松さん』で6つ子の声優をつとめる櫻井孝宏、 中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由の6人が登場。キャスト6人がそろって表紙を飾るのは、 雑誌史上初となる。

    https://mdpr.jp/news/detail/1718679

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    【『おそ松さん』 6つ子声優がクールなスーツ姿!雑誌史上初豪華6ショット表紙】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 天麩羅油 ★ :2017/09/06(水) 19:18:01.42

    人気マンガをネットに掲載容疑で逮捕 多額の広告収入か
    9月6日 18時21分

    マンガ雑誌の発売前に人気マンガの内容の一部をインターネットのサイトに載せたとして、沖縄県などの男女のグループと秋田県の男が著作権法違反の疑いで逮捕されました。警察によりますと、このうち、秋田県の男は、サイトを閲覧したことによる広告収入で少なくとも3億500万円を得ていたというこ
    以下ソース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129301000.html


    【ジャンプを発売日前にインターネット上に掲載した容疑で逮捕!!!「生活費を稼ぐためにやった」】の続きを読む


    「選曲古すぎ!」24時間アニソン企画に批判殺到
    日刊大衆

     8月26日、27日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、日本アニメ生誕100周年を記念した「アニメソングメドレー」のコーナーが登場。しかし、このアニソンメドレーで歌われた曲のラインナップに、視聴者からはブーイングが上がったようだ。

    『24時間テレビ』内で27日に放送された「日本アニメ生誕100周年! 勇気と希望! アニメソングメドレー」では、番組MCの亀梨和也(31)が主演を務めたドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)の主題歌を熱唱したのをはじめ、名作アニメのテーマソングを披露。『鉄腕アトム』や『新世紀エヴァンゲリオン』『宇宙戦艦ヤマト』『キャッツ・アイ』『それいけ!アンパンマン』などの主題歌が流された。

     “全国のちびっこ達へ”と銘打たれたアニソンメドレーだったが、視聴者からはそのラインナップにツッコミが続出。ネットには「選曲が古すぎ。絶対今の子どもたちは知らないでしょ」「ラインナップの中で最新のアニメが、1995年放送のエヴァってどういうこと?」「昭和かよ」「他にもいろいろあると思うんだけどな」と、批判のコメントが殺到した。

    「今回のメドレーは『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)を除くと、すべて日本テレビ系で放送されたものでした。自局で放送した知名度の高いアニメ作品から選曲した結果、子どもが知らないような古いアニメばかりになってしまったんでしょうね」(テレビ誌ライター)――開き直って、いっそ40代以上を対象にすれば良かった!?



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「選曲古すぎ!」24時間アニソン企画に批判殺到wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ