アイス



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/01/13(日) 00:15:47.515

    俺のズボンが汚れた
    相手の母親がクリーニング代出しますと頭を下げてきた
    その金で新しいアイスを買ってあげてくださいと伝えた


    これが紳士の振る舞いってやつよ


    【イオンでアイスクリームを持ったガキに激突されたんだがwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2017/10/04(水) 22:42:27.31

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-03132482-saga-l41

    竹下製菓(小城市、竹下真由社長)は、パッケージの見た目が保冷剤のブラックモンブラン
    「DO NOT EAT」を発売した。冷凍庫に入れていたアイスを勝手に食べられるのを防ぐ
    ユニークなアイデア。ディスカウント店「ドン・キホーテ」で販売している(一部地域を除く)。

    同社が10~50代の500人を対象に行ったインターネット調査で、「他人に食べられた経験のある
    食べ物は?」との問いに80%が「アイス」と答えた。新商品はそんな悩みに応えようと、
    パッケージに保冷剤のデザインを印刷。商品名も日本語で「(勝手に)食べないで」と明快にした。
    希望小売価格は98円(税別)。

    担当者は「おそらく世界初の試みだと思う。勝手に食べられて悲しむ人が少なくなれば」と話す。

    新商品の発売に合わせ、ソニーミュージックと共同で、若者に人気の歌手トミタ栞を起用した
    プロモーション曲「わたしのアイス食べたでしょう?」を制作。動画投稿サイト「ユーチューブ」で
    配信している。


    保冷剤に見えるアイス「DO NOT EAT」

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【朗報】もうアイスを勝手に食べられない!竹下製菓、保冷材に見えるブラックモンブラン「DO NOT EAT」を発売wwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 kura3.photozou.jp)



    1 コピペ魔神 ★ :2017/09/21(木) 21:14:20.89

    「アイスを万引きしてこい」という命令を無視されたことに腹を立て、仲間の男子中学生に暴行を加え、重傷を負わせたなどとして中学3年生の少年が逮捕された。
    警視庁によると、逮捕された中学3年生の少年は今年3月、東京・江戸川区のアパートで別の中学に通う当時13歳の男子生徒に対して顔や腹を殴るなどの暴行を加え全治1か月の重傷を負わせた上、包丁を見せて「殺すぞ」などと脅した疑いが持たれている。

    2人は前日の夜から他の仲間と一緒に遊んでいて、少年は男子生徒に「アイス食べたいな。万引きしてこい」と言ったのを無視されたことに腹を立て、近くの公園やカラオケボックスなど6か所で暴行を加えたという。
    調べに対し少年は「やりすぎた」などと話し、容疑を認めているという。

    http://www.news24.jp/articles/2017/09/21/07373199.html?cx_recscli*=0


    【「アイスを万引きしてこい」 命令無視した男子中学生をボコボコにして包丁を突きつけ全治1ヶ月の重傷を負わせたDQN「」】の続きを読む


    チョコミント味のアイスクリーム
    オトナンサー

     近年、人気が急上昇している「チョコミント」。チョコレートの甘さにミントの清涼感が合わさった特徴的なフレーバーで、夏になると、アイスクリームを筆頭にチョコミント味のお菓子やドリンクなどを数多く見かけるほか、チョコミントを熱狂的に愛する「チョコミン党」と呼ばれる人もいるほどです。

     一方では、甘さと清涼感を同時に味わうチョコミントが苦手という人がいるのも事実で、とりわけ、関西の人たちに嫌われる傾向があることが各種の調査から分かっています。「関西の人はなぜチョコミントが嫌いなのか」。オトナンサー編集部では、日本味覚協会の水野考貴さんに聞きました。

    「歯磨き粉っぽい」「甘いのにスースー」

     2016年7月、ウェブサイト「at home VOX」が全国の20~59歳の男女1457人(47都道府県から各31人)を対象に実施したアンケート調査によると、「チョコミント味のアイスは好きですか」との問いに対し、「はい」と答えた人は36%、「どちらでもない」は15.5%、「いいえ」は48.5%で好みが分かれました。

     次に「はい」の回答率が高かった地域を見ると、北海道と宮城が54.8%で1位、山形と埼玉が51.6%、岩手が48.4%で続き、北海道や東北など北の地域で人気が高いことが判明。逆に最も低かったのが大阪と高知で9.7%、近畿や中国、四国のほとんどの地域が30%台となるなど、関西以西で人気の低い傾向が顕著でした。

     バラエティー番組などでも、「チョコミント論争」がたびたび取り上げられていますが、このアンケート同様に「関西人はチョコミントが嫌い」という傾向がみられるようです。その理由については「歯磨き粉っぽい」「甘いのにスースーするのが苦手」などの意見が多数を占めています。

     こうした背景について、水野さんは以下のように指摘します。

    「チョコミントの味には『甘さ』と『清涼感』が同居しています。たこ焼きやお好み焼きなどの甘いソース文化が根付いている関西の人にとって、甘さが後味に残る意味は大きく、甘いものを食べた後には甘さが残ってほしいものです。しかし、チョコミントはミントのスースーとした清涼感で甘さが消えてしまうため、どっちつかずの味として受け入れられにくいのではないでしょうか」

    「甘いソース」文化の影響か

     つまり、チョコミントが苦手な人は「甘い後味が残ること」、逆にチョコミントが好きな人は「甘さが控えめで、後味が残らずすっきりとしていること」を好むと言えそうです。甘い味とそれ以外の味を一緒にされたくない傾向がある関西出身者の味覚には、古くからなじみ深い「甘いソース」文化が影響している可能性があるといいます。

     ちなみに、前出のアンケート結果で「チョコミント味のアイスが好き」が最も多かった北海道にはハッカの文化があり、北見市は世界的なハッカ油の産地として知られています。そうした文化的背景や地域性も、チョコミントのフレーバーが受け入れられやすい土壌を形成しているのかもしれません。

    「ミントの『甘さ』と『清涼感』を含む味は非常に独特で、初めて食べるとおいしくないと感じがちですが、食べ続けることで味に慣れ親しみ、おいしいと感じることができるようになります。新しい味に敏感かどうか、また、好きと思えるかどうかは地域性や食文化、年齢などの影響を受けますが、新しい味にチャレンジしてみるのもよいでしょう」

    (オトナンサー編集部)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「関西人はチョコミントが嫌い」説は本当なのかwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    ナリナリドットコム

    夏の暑さに耐えられず、ついついアイスや冷たいデザートを食べたくなる時期だが、子供の頃に「アイスを食べ過ぎるとお腹をこわす」と注意された人もいることだろう。

    37度を超える熱帯夜が続いていた中国衢州市。44歳の男性が先日、暑さに耐えきれず、冷凍庫にあったアイスキャンデーを54本、さらにそれでも足りずに氷水を飲むという暴飲暴食をしてしまった。

    ようやく寝付くことはできたが、朝になって体調は激変。病院に担ぎ込まれると胃腸炎と急性腎不全との診断を受けたという。

    ネットでは「なんという愚かな」「これはきっと元から何かの病気だったのだろう」「アイス54個か…食べたいような、食べたくないような」「これも温暖化の悲劇か」といった反応が寄せられている。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【一度に54個アイス食べ病院に】の続きを読む

    このページのトップヘ