イジメ



    (出典 torange.biz)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/12/31(月) 23:46:06.355

    魚屋「この期間中はブリとか海老とか縁起物はおたくに売れなくてねぇ…」

    ぼく「……何なら売ってもらえます?」

    魚屋「アジとかだったら多分売っても大丈夫だよ あとこの辺とかも問題ないはず…」


    【村八分中ぼく「このブリ下さい」魚屋「ごめんねぇ~(大地主)さんの事もあるから売れないんだわ…」】の続きを読む



    (出典 get.pxhere.com)



    【ワイに体罰してたやつがテレビで体罰はいけないとか語ってて草wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.publicdomainpictures.net)



    1 ばーど ★ :2017/12/05(火) 19:00:00.64

     「おまえみたいながんウイルスがいると会社の雰囲気が悪くなる」などの暴言でうつ病になったとして、兵庫県川西市の40代の男性が勤務していたマンション建設会社「東建コーポレーション」(名古屋市)と元上司に計約750万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁は5日、パワハラを認定、計約160万円の賠償を命じた。

     元上司は「教育的指導だった」とパワハラを否定し、同社も相談窓口の設置など適切な対策を取ったと主張したが、判決理由で野村武範裁判官は「元上司の言動は嫌がらせやいじめと捉えざるを得ない」と指摘。会社側の使用者責任も認めた。

    配信2017/12/5 18:35
    共同通信
    https://this.kiji.is/310711491253912673


    【「おまえみたいながんウイルスがいると会社の雰囲気が悪くなる」上司暴言でうつ】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/11/13(月) 19:46:09.97

    医者を大募集している」と、2017年11月10日からネットが騒がしくなった。J-CASTニュースが確認したところ、今回の医者の募集はデマで、12年の募集広告を引用した内容だった。

       上小阿仁(かみこあに)村については、ネット上の一部で、常勤医が配属されるたび住民によるイジメが起き、6年間で7人の医者が辞めて行った、との指摘も出ているが、村役場の担当者は取材に対し、「イジメが原因で辞めた方は一人もいません。こうした噂に、私どもも村民もずっと嫌な思いをし続けています」と困り果てていた。

       「医者イジメで有名な上小阿仁村、また医者に逃げられ求人を出してしまう」。ネット掲示板やまとめサイトにそんな見出しが躍ったのは11月10日からだ。これに対しては、

    「またイジメられるんだろ?」
    「ここまでして人間イジメたいとか異常」

    などといった書き込みが出た。

       この村では、07年4月以来、13年8月までに7人の医師が辞めている。中には就任1か月で辞めた医師も。「医者イジメの村」と認識されることになったきっかけは、07年に退職者が出た年に発行された村の広報誌で、村民に対する注意文が掲載されている。そこには村の財政の赤字に関し、高給取りの医者の存在が税金の無駄遣いではないか、という意見があり、医師を攻撃する村民がいるとして、

    「まったく『いじめ』と思われるような電話もあるそうですが、このような不心得者は、見つけ出して、再教育の必要があるようです」

    と書いている。村民の大多数は医師に心から感謝しているが、不心得者が5、6人いる。こうした状況が続く限りは、医師に敬遠され、無医村になってしまう、と警鐘を鳴らしている。こうした記述が後日、注目を集めて以降に辞めた医師も同様の理由だろう、と受け止められたのだ。

       J-CASTニュースが17年11月13日に村役場に取材したところ、この広報文に尾ひれ羽ひれがつき、事実とは違うことが一気に広まった、と担当者は頭を抱えていた。確かに医師に対し嫌な言葉を投げかける人は存在したが、辞めたのは健康上の問題であり、イジメでは決してない。この警告文も当時の担当者がよかれ思って出したもの。そして、医師に対して嫌な言葉を投げかけたのはこれ限りだった、とし、

    「医者イジメの村という噂に、私どもも村民もずっと嫌な思いをし続けているんです」

    と語った。また、現在いる医師は仕事を続けており、新たに公募などしていない、とも述べた。

       しかし、なぜこれだけ立て続けに医師が辞めているのか。担当者は、

    「それぞれ様々な理由があるようです。でも、13年8月に常勤医になっていただいた先生は現役ですし、78歳ですが、『まだまだ頑張れる』と継続を希望されています」

    と話していた。

       14年11月7日に日本公衆衛生学会に提出された奈良県立医大の「秋田県上小阿仁村における医師確保問題」には3回訪問した現地調査レポートがあり、同村に勤務した8人の医師への聞き取り調査も行っている。それによれば、07年4月に退職した医師から3人は、村当局、村民との関係性が退職に結び付いている可能性があるが、それ以降は見当たらない。そして住民とは関係なく、インターネット上で事実とは異なる風評が広がり一人歩きをしている、と書かれている。

    https://www.j-cast.com/2017/11/13313758.html?p=all

    (出典 www.j-cast.com)


    【「医者イジメの村がまた医者を公募」はデマ?役場担当者「噂に嫌な思いをし続けている」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/22(日) 17:05:43.55 ID:CAP_USER9.net

    事前の謝罪が、逆に火に油を注いだようだ。

    “炎上系”バイオリニストの高嶋ちさ子が、18日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演。
    高嶋といえば、息子のゲーム機をバキバキに折った事件をはじめ、その言動からかなり気性の荒い女性であることで知られているが、
    今回の番組でも「強い女の真実を直撃SP」と題して、高嶋の本性を深堀り。
    安定の毒舌を吐きまくった。

    中でも物議を醸したのが、高嶋がプロデュースするコンサートのリハーサルにカメラが密着したVTR映像。
    若手の美人奏者たちに向かって高嶋は「幽霊っぽいね、弾いている人のせいかな」「緊張感が足りないね」「遅いんだよ。何度もやらせんなボケ」などと、
    あの豊田真由子氏を彷彿とさせるような暴言を吐いてみせ、共演者たちを驚かせた。

    ただ、あまりの衝撃映像だったためか、さすがの高嶋も「めちゃくちゃ反省しました。言葉遣いですね。
    私の問題点」と反省。さらに番組放送日の自身のツイッターで「こんなこと言うと余計みんな見ると思うけど、今夜のテレビ見ないで欲しいなあ。
    収録でだいぶはじけてしまったから…反省してるから、もし見ても怒らないでね。ホントに反省してるから。
    前もってごめんなさい」と、あらかじめ視聴者にお断りをしている。

    しかし、それもあまり通用しなかったようだ。ネット民も「やっぱ、この人はダメだ」「一生暴力的なキャラのままだと思う」「強い女の真実って、ただ暴力的なだけでした」
    「裏側はやっぱりさらに強烈でしたね」と、高嶋の粗暴な性格に改めてウンザリしたようだ。

    「バラエティ番組での強烈な発言が注目される高嶋ですが、それもバラエティ用に抑えていたことが今回わかりました。
    コンサートのリハーサルにカメラが潜入して収めた素の高嶋は、これまでをはるかに超える暴虐ぶり。
    それで本人も焦ってしまったようですね。よく嫌われキャラの裏側はいい人だったというオチはありますが、
    高嶋の場合は裏側がさらにヤバい人だったというわけですから」(エンタメ誌ライター)

    ゲームバキバキ事件を起こした後には、かなり落ち込み、息子たちに慰められていたという高嶋だが、
    今回の放送を見る限り、本当に反省していたのか疑問視されるところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1367963/
    2017.10.22 10:15 アサジョ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【女ヒノテル?高嶋ちさ子の「奏者いじめ」が豊田真由子レベルに酷かった!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ