就職



    (出典 kura2.photozou.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2017/12/10(日) 18:15:54.05

    旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。

    この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。

    「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」

    小堀氏はインタビューで、

    当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません」

    と発言。今後「現場で生産ラインを回せないくらい人が足りなくなることを危惧」していて、「ないものねだりをしても仕方ないので、若い人を早く登用して育てていきます」との見通しを語っていた。

    現在の30代後半~40代前半は、バブル崩壊後の不景気の中で就活を迫られた氷河期世代だ。この世代は、有効求人倍率が毎年1倍を下回り続け、新卒で職に就くチャンスが他世代より著しく低かった。更に、企業の新卒一括採用の風潮が今より強かったため、既卒者は卒業後、企業に門前払いされてきた。非正規やアルバイト等でなんとか食いつなぐ人も多かったため、キャリア採用で求められるような経験を積めていない人もいる。

    こうした背景を踏まえ、小堀氏の一連の発言は無責任だと批判する声が多い。氷河期世代に採用を渋ったのに、今更人手不足と嘆くのは虫が良すぎる、という訳だ。ネットでは

    「いまさら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ。中途採用を頑張ったところでゼロサムだしさ」
    「採用絞るだけ絞っておいて20年後に『この層が薄くて困ってます』とか言い出すのホントウケる」
    「自分たちが『人手不足』にしてしまったことは棚に上げておいて、なにこの被害者ぶったもの言いは」

    などの不満や批判が噴出。2ちゃんねるでもスレッドが立ち、「そもそも氷河期世代をしっかり採用し、そして使い捨てにするんじゃなく20年間育てていれば今慌てる必要はないよね」「少し前まで非正規雇用で派遣奴隷が大量に増え使いたい放題だと喜んでいたくせに 」等、900を超えるコメントがついている。

    配信2017.12.8
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=44419

    ★1が立った時間 2017/12/09(土) 22:57:27.61
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1512890789/


    【【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに】の続きを読む


    キャリコネ

    先日、キャリコネニュースでは、大学1~2年生が就職したいと思う企業・業種ランキングで、1位が地方公務員、2位が国家公務員になったことを報じた。記事を配信後、2ちゃんねるにスレッドが立ち、7月31日には5スレッド目に突入。大きな反響を呼んでいる。

    寄せられたコメントの中で最も多かったのは「もう駄目だなこの国」と嘆く声だった。

    「若者が一番なりたいモノが公務員なんて、なんて夢のない国なんだ」
    「夢も希望も無い国。どうしてこうなった」

    就職活動を始める前の大学生には、もっと大きな夢や野心を抱いてほしいもの。それなのに希望する職業の1位が地方公務員では、嘆きたくなるのも無理はない。

    「ギリシャと同じで衰退するしかない」「大企業でもリスクもあるしな」

    「ギリシャと同じで衰退するしかない」「日本のギリシャ化まったなし」とギリシャを引き合いに出して、日本の行く末を憂う声もあった。ギリシャでは、公務員の増加が財政破綻の一因になったと言われている。

    一方、大学生の安定志向に理解を示す人も多かった。

    「まったりとした生活、それが地方公務員だよ。エリートとか意味ないだろう。電通で死ぬまで働くとか馬鹿みたいだわ」
    「そりゃ大企業言っても倒産、とまではいかなくても買収やら合併やらでリストラされるリスクもあるしなあ」

    働き方改革への気運が盛り上がる中、大手企業で長時間労働を強いられるよりも、公務員として働く方がよいと考える人も増えているのだろう。またシャープが鴻海に買収されたり、東芝が東証2部市場に降格したりと、一流企業であっても安泰とはいえないのが現状だ。そうした経済情勢も、安定志向に拍車をかけていると思われる。

    ただ、「民間は個別企業名なのに公務員って括りがでかすぎる」と調査に冷静に突っ込む人も散見された。個々の民間企業と地方公務員という大きな括りを同列の選択肢として扱うのがおかしいということだ。

    「いい大学出て、いい会社に入れるならわざわざ来る場所じゃない」

    地方公務員は本当に働きやすいのか。総務省が今年3月に発表した「地方公務員の時間外勤務に関する実態調査」によると、1か月あたりの残業時間は13.2時間。同じく総務省の「地方公務員給与実態調査」によると、平均月給は約36万円だ。部署や役職によっても異なるとは思うが、残業が多くない割に給与が高いと言えそうだ。

    関東のとある県庁で働く公務員の20代男性は、キャリコネニュースの取材に対して、「確かにそれなりに働きやすい環境」だと語る。

    「残業代は申請すればつきますし、女性も産休・育休を比較的取りやすい環境だと思います。ボーナスも年間4か月くらい出ます」

    しかし「いい大学出て、いい会社に入れるならわざわざ来る場所じゃない」とも言う。やはり大学生のうちはやりたい仕事に就くことや「いい会社」に入ることを目指してもいいのかもしれない。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「大学1~2年生の就職希望1位は地方公務員」に「夢も希望も無い国」という声 「大手で死ぬまで働くとか馬鹿みたい」】の続きを読む


    日刊SPA!

     40代ともなれば給料も上がり、若い頃よりも楽できると思っていたのに。そう嘆く声は多い。昨今、低所得にあえぐ40代が急増中だ。その理由は出世できない、転職回数が多いなどさまざま。中年でも稼げない時代が来ている――

    ◆「俺はこんなもんじゃない」、東大卒のプライドと過信が招いた“転職地獄”とは
    …安村英治さん(40歳・独身)/健康食品メーカー/年収310万円

     東京大学を卒業し、学生時代の友人はIT会社の社長や経営者など年収1000万プレーヤーばかり。しかし、そんな華やかな友人とは裏腹に、健康食品メーカー営業の安村英治さん(仮名・40歳・独身)は毎日200円の激安弁当を寂しげに頬張っている。この差はどこでついたのだろうか。

    「すべては東大というブランドを過信していた自分が原因です。就職氷河期でも自己分析もろくにせず、派手な業界にただ憧れてマスコミや広告代理店ばかり受けていた。全滅してもブランド力で大手商社に入社できたのですが、どこかで『俺はこんなもんじゃない』と思い続けていて……」

    「自分が本当にやりたいことを見つけたいと、迷走し始めたのが転落への第一歩だったと」安村さんは語る。社会人3年目でおよそ680万もの年収を捨て、IT企業やイベントの運営会社、食品メーカーなど業種を問わず転々と“自分探しの旅”が始まった。

    「専門的な知識やスキルがないから当然収入は下がりました。でもプライドが邪魔して、一つの会社で踏ん張ることができなかった。1~2年で転職を繰り返し続け、今では月収23万円にまで急落。会社はブラックで残業代も出ないし一日18時間労働も当たり前。この生活から抜け出すために、今も転職活動は欠かせません」

     今もネットで月に30社以上応募しているが、面接に繋がるのは月に3~4社ほどだという。

    「年齢とともにブランド力は落ちていますが、向上心を捨てずに挑戦したい」と安村さん。必要なのは自分を知る力なのかもしれない。

    ― 低所得時代の実態 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東大卒のプライドが捨てきれず40歳で年収310万円。転職を繰り返し、今やブラック企業勤めに…】の続きを読む


    キャリコネ

    日本商工会議所は7月3日、全国の中小企業を対象に行った「人手不足等への対応に関する調査」の結果を発表した。約6割の企業が「人員が不足している」と回答した。

    調査は今年3月24日~4月28日の間、全国の中小企業4072社を対象に実施。うち2776社から回答を得た。

    「仕事に慣れた頃、辞めてしまう社員が多い」(製造業)

    人員の過不足状況について聞くと、60.6%の企業が「不足している」と回答。「過不足はない」(35.8%)が続いた。

    「不足している」と回答した企業を業種別で見ると、「宿泊・飲食業」(83.8%)、「運輸業」(74.1%)が上位についている。「介護・看護」(70.0%)は不足感が高いものの、前年比では若干和らいでいる。

    反対に「金融・保険・不動産業」(50.0%)、「製造業」(55.3%)ではまだ人手不足がそこまで深刻ではない。従業員規模別では、「101人」を超える企業で「不足している」の回答率が7割を上回る。

    求める人材には、「即戦力となる中堅層、専門家」(62.0%)、「一定の経験を有した若手社員(第二新卒等)」(60.3%)の回答率が高い。新規学卒者では、「大学卒、院卒」(37.9%)、「高卒」(40.3%)と高卒者の需要が高い。

    人員が充足できない理由には、「募集をしても応募が無かった」(63.4%)、「自社が求めてた人材ではなかった」(48.0%)が挙がる。中には「内定を出し、入社したものの、定着しなかった」(27.5%)という回答もある。企業は募集だけでなく、従業員の定着についての課題を抱えている。

    人員不足が企業経営に与える影響については、「影響が出ている」は24.0%と、4社に1社がすでに人手不足の影響を受けていることがわかった。

    企業からの自由回答には、以下のコメントが寄せられている。

    「仕事に慣れた頃、辞めてしまう社員が多い」(青森県 製造業)
    「募集しても全然応募がなく、費用のみが嵩んでいる」(神奈川県 卸売・小売業)

    約4割が「時間外労働の上限規制は影響あり」と回答

    外国人材受け入れのニーズを聞くと、「ある(既に雇用している)」は16.8%にとどまるが、「ある(今後雇用する予定)」(6.3%)「検討中」(18.6%)を含めると約4割となった。

    外国人材のニーズが「ない」(56.8%)と答えた企業は理由として、「日本人を求人したいため」(46.3%)、「言語等コミュニケーションに懸念があるため」(45.1%)などを挙げている。

    時間外労働の上限規制が与える影響について聞くと、「影響は無い」(49.5%)が約半数を占める。一方で、「影響が極めて大きい」(6.8%)、「影響が有る」(36.2%)と、合わせて43.0%の企業が「影響あり」と回答している点も見逃せない。

    長時間労働是正に向けて、国に支援してほしいことを聞くと、「人手不足の解消」(52.3%)がトップ。「長時間労働を生みかねない民間の商慣習・取引条件の是正」(38.9%)を引き離している。

    企業からは、

    「労働側のみならず、企業側にも配慮したバランスのとれた規制が必要」(長野県 建設業)
    「業種の特殊性を考慮した規制を取り入れてほしい」(静岡県 運輸業)

    などの要望が寄せられている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    南雲「資本家の夢ってなあに?」後藤「給料のいらない従業員」


    そりゃお前らロクに金払わずに利益だけ上げようとしてるからだって言ってるだろ。頭使え頭を


    万年赤字会社は奴隷募集中★奴隷じゃなく頭使え 


    (出典 Youtube)

    " target="_blank">
    (出典 Youtube)
    " target="_blank">https://youtu.be/lMEJweZd0_w


    安倍「だから、文句を言わない移民を受け入れるて言っているだろ?」経団連とお前らネットイナゴ「安倍ちゃんマンセー」


    飲食業:だいたい携帯会社のせい 運輸:だいたいAmazonのせい (適当)


    人材は不足してるが雇用形態を改めないという傲慢ぶり。本気で人手不足なのか疑いたくもなる。


    「募集しても全然応募がなく、費用のみが嵩んでいる」(神奈川県 卸売・小売業)←嵩む前に条件改善する脳みそない会社のせいではw


    じゃあ*ば?どうせ原因を改める能もあるまい。


    即戦力となる中堅層、専門家、一定の経験を有した若手社員…とかそういないだろ……仕事に慣れた頃辞めるのは転職したいんじゃない?


    経営者側に良い条件待遇にできない理由があるかもしれないから、それが悪い事とは言わない。


    人が辞める理由なんて、ちょっと相手の立場に立って考えれば簡単にわかること。


    人手不足は人手不足だけど選り好みしないと質を保てないから難しい


    選べない立場なら、頑張ろうと気合いれて打ち込むしかないけど、いろいろ自信出てきたら、良い環境目指すのも普通のことだよね。


    主孰か有道なる。道とは民をして上と意を同じくせしむるなり。故に以て之と*べく、以て之と生くべくして危うきを畏れざるなり。


    金は出さず時間は奪い、それで辞めたら文句。辞めさせない為にちょっとは何か考えたら?


    経営者が目先のことしか考えてないから逃げていく。職場の人間関係が良ければそれでも結構残るんだろうけどね


    給料よりなにより正社員も性格が荒む環境が悪い(上部のノルマ、クレーム等)


    慣れた頃に辞めるのは正社員じゃなくて非正規雇用だからじゃないの。他のいい条件の仕事や正規の仕事が見つかればそちらいくよね。


    介護業界の場合、介護報酬が決められているうえに自民党がどんどん下げるから賃金上げようにもその為の資金が確保できない。


    慣れた頃に辞めるのは作業効率が上がってるのに給料上げないパターンが大半だろうなあ


    「実際は人手不足じゃない」からなぁ…ウソ記事に近いよこの記事は。知ってて書いてるだろ…


    経営者「助けて!(安い給料で滅私奉公してくれる優秀な)人材が来ないの!」


    高望みしすぎなんだよ…不景気続きの買い手市場だったから感覚狂ってんじゃねーの?


    賃上げなり労働時間短縮なり福利厚生なり何かしらないとすぐ辞めるわな


    本当に人手不足で困ってるのなら待遇や勤務条件の見直し改善をしてどうぞ


    人手不足のとこ入っても人手不足なんだから大変なの目に見えてるだろ。。根底から人手不足の認識が企業側になさすぎる


    人手不足も定着率もすべて安い賃金でこき使ってきた業界側の責任だろ


    相談しろ→相談する→なにかしら文句言われる→相談しなくなる


    もう詰んでる。


    搾取は論外だけどそうじゃない業種もありますが、どうすべきかな


    「賃金アップできる企業しか生き残れなくなる」その先に待つのは、出来ない企業しかいない業界は業界ごと消失


    そろそろ人手不足の原因をなんとかしようと思わないわけ? あ、移民は論外だから。


    いい傾向だね。この先は賃金アップできる企業しか生き残れなくなる。


    >一定の経験を有した若手社員 経営陣はバカなのか


    これ以上飲食店もコンビニも運輸業も便利にならなくていいよ


    物流やってたけどありゃいずれ限界来るな-と思う。兎にも角にも色々ひどE


    やめる理由なんてそれぞれだが「割に合わない薄給」とか「身体に合わない」とかそういう部分なんじゃねーの


    業種の特殊性を考慮した規制を取り入れてほしい?そういうのを「甘え」という。そんなもん考慮してたらいつまでもブラックが減らない


    職場環境の風通しに尽きると思う。上司や先輩に気楽に相談ができれば間違いも起きにくいし居心地も良くなる。


    社会貢献したくて会社立ち上げたのならいいが、金が欲しくてという企業が多いから従業員を使いつぶすんだわ。そら人手不足で当たり前




    このページのトップヘ