《ニュース》 まとめの里

その日に起きたニュースと皆様の意見をできるだけ見やすくまとめました。

    衝撃



    1 記憶たどり。 ★ :2017/10/18(水) 11:31:39.55

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

    月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の
    観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構
    (JAXA)が18日、発表した。

    空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。かぐやが撮影した画像には、
    直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

    電波を使って得た周辺の地下構造のデータを詳しく調べたところ、この縦穴から
    西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。
    内部は崩壊しておらず、地層などに氷や水が存在する可能性もあるという。

    月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が
    流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。その通り道が空洞として
    残ったとみられる。

    将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の
    影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

    JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。
    将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

    論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。


    月の空洞のイメージ

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【衝撃】 月の地下に長さ50キロの空洞、探査機「かぐや」で判明 】の続きを読む


    30年かけて育った腫瘤
    日刊サイゾー

     巨大結石に巨大奇形腫と、中国で急増している人体の異常についてこれまでたびたび取り上げてきたが、今度は頭部に巨大腫瘤(こぶ)のある女性が話題となっている。

    「南方都市報」(7月12日付)によると、広東省広州市に住む庄さん(34歳)の頭部には、30年間放置された2つの巨大な腫瘤があった。庄さんの頭囲は89cm。中国の成人女性の平均が45~55cmというのだから、実に1.6~2倍に達する。

     30年間放置されたといっても、最初からこんなに大きかったわけではない。生まれたばかりの頃は豆粒ほどのイボがあるだけだったが、それが小学生の時には親指ほどになり、中学生になると拳ほどの大きさになった。そうして徐々に巨大化し、現在の大きさまで成長したのだった。

     庄さんは病院に行くべきだとは思っていたが、怖くて足が向かなかった。まったく痛みもかゆみもなく、生活に支障がなかったこともその要因だ。ところが、最近になって左側にかゆみを感じるようになり、医者に診てもらう決意をしたのだった。

     診察を受けると、腫瘤は良性だが、破裂して感染症を引き起こす危険性があることがわかった。手術に備えて剃髪すると、腫瘤が耳を押しつぶすほどの大きさになっていた。そのため、すぐに切除手術を行い、事なきを得たのだった。

     巨大腫瘤の事例は頭部だけに限らない。「広州日報」(5月18日付)によると、広東省清遠市の女性は、腹部に巨大腫瘤を抱えていた。重さはなんと37.5kg。その腹の膨らみ方は、妊婦の比ではない。2012年にCT検査で判明した際は22mmにすぎなかったのが、わずか5年でここまで巨大化したという。心臓を押しつぶす危険があることから、緊急手術を受けるも、8時間にも及ぶ大手術となった。

     いずれのケースも、なぜここまで腫瘤が巨大化したのかは謎だが、そもそも周囲の人間が病院へ行くよう勧めなかったことが奇妙である。他人への無関心が、腫瘤の巨大化を許したのだろうか? 巨大腫瘤は、今後ますます増えそうだ。
    (文=中山介石)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで漬物石!? 30年間放置した頭部のこぶが巨大化、耳を押しつぶすほどのサイズに】の続きを読む


    Photo by Gabriella Corrado(写真はイメージです)
    デイリーニュースオンライン

     山本一郎(やまもといちろう)です。日本人として生まれ、日本人として生き、日本で暮らしています。たぶんずっと日本で子供を育て、日本人として日本で死ぬことでしょう。日々の暮らしの中で国籍について意識することはほとんどありませんが、まあ日本に生まれたり、日本で暮らしている人たちについては、別段どこの国籍だろうがルーツの人だろうが、互いに協力できることは協力して良い人生がみんなで送れればいいなぐらいに思って生きています。

     民進党の村田蓮舫代表(49)の二重国籍問題は、このところずーっと燻っていて、どうも彼女自身の戸籍を公開するのしないのという話に発展しており、なんだかなと思っております。何でこの問題ずっと引っ張ってるんですかね。良く分かりません。すでに識者もこの問題についてはあれこれ見解を出しておりますが、私自身は「二重国籍問題自体はどうでもいい」と考えております。

     政治家として二重国籍の人物が要職についていていいのかという話はもちろんあるんですが、日本という国自体が本来は多民族国家であり、いろんなルーツの人や属性の人がいて成立しているのもまた事実です。公職選挙法その他法令を完全に破っていて議員として失効、辞職しなければならないほど重篤なものかといわれると、そこまでじゃないんじゃないのと思うからです。

     もちろん、それがいかんのだ、蓮舫女史は自ら出自を明らかにするべきだ、戸籍を公開しろと言っている人の話もまあ理解はできます。実際、そういう人たちを黙殺できないほど人数が多く、そういう主張の声が大きいのかもしれません。民進党代表として、参議院議員として、これは無視できないほど声が大きくなっている、ということであれば、本人の判断で公表することはあるでしょうし、それは蓮舫女史や民進党の判断がどうなるのかということであります。

     もしもこの問題に付け加えるとするならば、昨今よく耳にする「説明責任を果たせ」というやつでありましょう。民間人が「お前は何人だ、説明責任を果たせ」と言われたら普通に「こいつ馬鹿じゃねーの」という話ですが、これが国民から選ばれた議員になればきちんと説明してほしいと思う人は「一定の割合」いるでしょう。それ以外の「一定の割合」の人はそんな問題はどうでもいいと思っておるわけですが。ともあれ、そういう「あいつは二重国籍だ」「党代表として、議員として不適格だ」と揶揄され続けることを考えれば、別に公表しなくてもいいだろ、差別感情そのものだろと思う部分はさておきさっさと公開してしまえば、一定の批判は封じられる、と考えてもおかしくはないのかもしれません。

    ■二重国籍騒動は政治家ゆえの有名税?

     蓮舫女史について言えば、そもそもが議員になったり、ましてや野党第一党の党首・代表にまで上り詰めるとは政治家になる前は思ってもいなかったと思います。本人も努力しただろうし、周囲も蓮舫女史に期待はしたと思うんですが、それまでは単なるタレントであり、グラビアを仕事にしている芸能人として、政治に転出するという、いわゆる「タレント候補」でした。そういうタレント候補として担ぎ出される前から、芸能界においては名前が「蓮舫」として一目瞭然の国際性を前面に出して他の凡百のタレントと蓮舫女史は違うのであるという「ウリ」「営業」をしていたわけですから、その場その場で多少経歴的な言い方に矛盾やつじつまの合わないことがあっても許容されてきたところはあると思います。

     芸能人は売り方が適当だというより、有名になるとやっぱり変なアホが出自や経歴を詮索して付け回したり、実家に無断で訪れたり、場合によっては殴られたり拉致されたりという危険もあるわけで、なるだけプライベートのことははっきりとは言わなかったり、どうとでも取れる内容にしたり、都合よくその場で書き換えたりすることはあるわけですよ。訳の分からない人に知られるのが芸能人、著名人の仕事の一部である以上、訳の分からない人からの訳の分からない行動から身を守らなければなりません。芸能事務所がルーツや経歴について敢えて本当のことを書かなかったり、本人もその場に良いように言ったりすることはあるでしょう。

     ただ、政治の世界はそういうものは通用しません。有権者のみならずメディアから詮索されて当然の仕事であり、プライベートは一定の制限をされます。芸能界時代のつじつまの合わないことはいざ知らず、自分のルーツについて発言が右往左往してしまえば政治家として「信頼できない」と言われたり、攻撃材料になることはあるでしょう。

     なもんで、本当なら戸籍なんか別に出す必要はないし、難癖をつけてくる訳の分からない人たちの要求には本来は「大きなお世話である」と無視を決め込むのが一番の対応策であるはずが、議員であり民進党の代表であるならばルーツも経歴も潔白であるべきと「一定の割合」の人が言うようであれば、本来なら出すはずもない戸籍も公表せざるを得なくなるのか、と思うわけです。これはもう、言われた側の考え方の問題ですから、公表して批判を黙らせたいと考えるのであれば、本来は人権問題としても公表の必要のない思料でも出してしまえということなのかもしれません。

    ■有権者として少し残念な気分にも

     自民党の小野田紀美女史(34)の日米二重国籍問題や、カナダやオーストラリアなどでも多数の二重国籍議員がいるという国際比較の問題や、生まれ落ちた場所についてその本人が国籍の如何まで責任を負うべきものなのか、実際には「二重国籍でしたすみません分かってから適切に対処しましたのでもう問題ありません」で済ませるべきものが、政治家としての進退にまで発展するのもどうなのかなと思ったりもします。

     蓮舫女史がバッシングされる問題については、私自身はパーソナリティが党代表のような取りまとめ役に向いてないんじゃないかとすら思う別の事情があるように感じます。やはり、野党時代であれ旧民主党政権であれ、切っ先の鋭い批判を相手に突きつける舌鋒は、ある種の潔癖さを相手に批判として突きつける傍ら、じゃあお前はどうなのかという返し技を常に受ける立場に置かれることをも意味します。民間人と議員の違いは、民間人は都合の悪いことは回答する必要もなく蹴っ飛ばしておけば良いわけですけど、議員の場合は都合の悪いことを回答できないことは不誠実ととられかねません。

     また、蓮舫女史については政治的なポジションや鋭い批判をする論客という公的なイメージや役割もさることながら、自宅訪問などのメディア露出でぞんざいに扱われるご主人、目やにだらけで元気のない飼い猫など、公党代表という立場だけでなく私人としても人格が破綻してしまっているのではないかと思われかねないエピソードに事欠かないのが問題です。野田佳彦元首相が党幹事長としてバックアップをしていたとしても、人としてまずそうだと思われかねない露出の仕方には疑問があります。一口に「性格のキツい女性が立場を失っていびられている」という意味では戸籍を出す出さないで人権・差別問題が云々という以上の何かが見え隠れしているようにも感じられ、有権者として、また東京都民として少し残念な気分になるのであります。

     本来ならば、党代表として、信認を失いつつある安倍政権の受け皿として政権構想や次世代の政治状況をリードするべき立場にいるはずの蓮舫女史が、状況悪化でむしろ身動きが取れなくなり、支持団体である連合からもスルーされてしまっている状況には忸怩たるところがあると思います。そういう一連の話も総じて「蓮舫女史には政治家としての器量がなかった」と断じるのは簡単ですけど、もうちょっとどうにかならないものですかね。

    著者プロフィール

    ブロガー/個人投資家

    やまもといちろう

    慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数

    公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ)

    やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【民進党・蓮舫代表”二重国籍”で戸籍出す出さない攻防を見る側の心情|やまもといちろうコラム】の続きを読む


    ※イメージ画像:thinkstock
    TOCANA

     なぜこんなことをしているのか、自分でもよくわからない行動を選択したことがないだろうか。またどうしても足が向いてしまう場所があったり、無性に会いたくなったり電話したくなる人物がいるというケースもあるだろう。こう言われて思い当たる節があっても今の時点でうまく説明がつかないようなら、その行為は、ひょっとすると未来の自分に導かれているのかもしれない……!?

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/07/post_13830.html】


    ■未来が過去に影響を及ぼす“逆因果”とは

    “量子もつれ”の状態にある2つの量子は、たとえ物理的に引き離したとしてもいわば運命共同体のように分かちがたく結びついた存在であることが、実験からも証明されている。また引き離された距離がたとえ北極と南極ほど離れていても、あるいは宇宙の端から端までであったにせよ量子論的には2つの量子は一心同体の振る舞いを見せるはずなのだ。例えばもし宇宙の端から端まで離れていたとした場合、一心同体の振る舞いを見せるためには2つの量子の間のコミュニケーションは光の速さを優に越えていることになる。したがって量子論はまさに時空をも超えた理論ということになるのである。

     そして単に時空を超えているだけでは済まされなくなっているようだ。なんと時間が過去へ向かって流れているケースも考えられるというから驚きだ。時間は前に進むだけでなく“巻き戻って”いる場合もあるということになる。

     この驚くべき理論は逆因果(retrocausiality)と呼ばれており、その名の通り時間を逆回しにした因果関係のことである。通常、発生したある現象は因果関係のある過去の何らかの出来事が原因になっていると考えるが、逆因果とはこの逆で、今起こっている出来事は未来の現象の影響を受けているとする考え方である。つまり原因は過去にあるのではなく未来にあるというわけである。

     米・チャップマン大学のマシュー・ライファー氏と、カナダ・理論物理学ペリメーター研究所のマシュー・ピュージー氏の2人の研究者が現在、この逆因果についての研究に本腰を入れて取り組み始めている。

    「現在、物理学者と哲学者の少数のグループがこの逆因果について、研究すべき価値があると考えています」とマシュー・ライファー氏は科学系オンラインジャーナル「Phys.org」に話している。

     逆因果はあくまでも思考実験の上で登場した仮説理論なのだが、今やアカデミズムに属するサイエンティストが本気で研究対象に選んでいるのである。はたして本当に未来が過去に影響を及ぼしているケースがあるのだろうか。


    ■「時間が未来だけに向かっているという証明はできない」

     逆因果を研究するにあたってライファー氏とピュージー氏がそのよりどころとしているのが、ベルの不等式(Bell's Theorem)である。

     ベルの不等式は、1964年にアイルランドの物理学者、ジョン・ベル博士が提唱した数式で、ざっくりと言ってしまえば何か不可解な現象について、それが一般的な物理法則の中での例外的な出来事なのか、それとも量子論を持ち出さないと説明できない現象なのかを見分けるための数式である。つまりこの数式に収まる範囲内であれば一般的な物理学で説明できる現象であり、この数式を超える結果になってしまう現象は量子論に属するものになるというわけだ。具体的にはその現象が“量子的重ね合わせ”の状態であったのかどうか、“光速を超える速度”を伴っているのかどうかなどを見極めることである。

     ライファー氏とピュージー氏はこのベルの不等式を空間から時間に置き換えて適用させた結果、時間が未来だけに向かって流れているという証明はできないと結論づけたのだ。つまり、逆因果の現象が存在する可能性があるということと、量子もつれの状態にある2つの量子は時間を遡るかたちでも影響を及ぼしあっているということである。ということはまさに一心同体の2つの量子は未来であれ過去であれ時空を超えて結びついていることになる。

    「逆因果の研究が価値のあるものだと考えている理由は、一般的な物理学で量子論の解釈を試みるという、ベルの不等式を含む多くのノーゴー定理(no-go theorem)にあります。これらはつまり標準理論的な解釈ではつじつまが合わないという特徴を持っています。したがって、唯一の選択肢は一般的な物理学を放棄するか、標準理論のフレームワークから脱却することだと思われるのです」(マシュー・ライファー氏)

     しかしながら逆因果はまだ多くの科学者が完全には受け入れてはおらず、この2人にしたところで逆因果が正しいのかどうかは今後の自分たち次第であることを認めている。

    「私の知る限り、物理原則全体をカバーし、なおかつこの逆因果を取り入れた量子論的解釈はありません。逆因果は現時点では説明のためのアイディアなので、他の物理学者が懐疑的であるのは当然であり、ゆえに我々には逆因果を具体的な理論にする責任があります」(マシュー・ライファー氏)

     ともあれ、今起きている現象の原因が過去にあるのあるのではなく未来に導かれたものであると考えてみるのは、思考のパラダイムシフトをもたらすものになるだろう。ひょっとするとあまり理由がわからずにしてしまう行為は未来の自分の“おぼしめし”なのかもしれない!?
    (文=仲田しんじ)

    ※イメージ画像:thinkstockより引用。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ガチ】やはり「未来が過去に影響する」ことが量子論で判明! 謎の「逆因果」研究とは!?】の続きを読む


    ビーカイブ

    日本はもうこれ以上経済発展をすることはない。下流社会が進むことによって平等な日本は存在しない。そうしたいわれは、昔からありますが、近年ますますその傾向が強まってきているのは確かでしょう。

    海外か?独立か?

    日本が嫌という場合には海外に脱出、移住という方法がまずは堅実的でしょう。しかしながら、英語も話せない場合にはどうすればよいのでしょうか。さらに日本に愛着がある場合には? そんななかで、日本の中で独立国家を作って初代内閣総理大臣に就任してしまった人間がいます。それが坂口恭平であり、その概要を記したものが「独立国家のつくりかた」(講談社現代新書) です。

    なんでもDIY

    著者は大学で建築学を学びますが、家を建てて固定することに根本的な疑問を持ち、街角で暮らすホームレスたちのダンボールハウスに、効率性と自由を見ます。そのような思考の転換、発想の転換が、坂口恭平の思想の根幹にはあります。本書の表題に掲げる独立国家とは、本当に国家承認を取り付けて、独自の通貨を発行するといったものではありません。それでも、画一的な価値観で統一された日本的な村社会から、抜け出るためにも、坂口恭平のような思考は今の時代に求められているといえるでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本が嫌なら独立しよう?】の続きを読む

    このページのトップヘ